お金のピンチには頼れる大手の金融会社

お金のピンチには頼れる大手の金融会社

お金がピンチ!そんなときにはキャッシングを活用

給料日を目前にお金が無くなってしまうというのは大ピンチの状態です。そんなときに限って憧れの女性とのデートが実現したり、抜けられない飲み会が入ったりして出費を余儀なくされるのです。手元にお金が無いのに払わなければならない事情ができてしまう。そんなときこそキャッシングを活用するのです。

 

活用方法は簡単です。キャッシング業者はカードローンとしてカードを発行しています。このカードをコンビニや業者設置のATMコーナーで使って、お金を借りることができるのです。あたかも、銀行口座からお金をおろす感覚で借りることができるでしょう。

 

返済する時も同様です。給料日が来て手元にお金が出来たならば、ATMコーナーに出かけて返済すればよいのです。随時返済を受け付けていますので早く返済してしまえば、その分利子を払わずに済みます。また、最近は多数の業者がネット対応を実現しています。

 

このような業者と契約している場合、自分の銀行口座にお金を振り込ませたり、自分の銀行口座から業者の口座に振り込みの形で返済したりできます。自宅設置のパソコンや出先でのスマートフォンの操作でいつでもどこでもお金の貸し借りができるのは時間をとらず賢い活用方法と言えるでしょう。

 

便利に素早く借りられるプロミスの返済の注意点

キャッシングを利用した際の返済は、期日通りに決められた金額をきちんと返済することが大事です。しかし、予期しない事が起きたりどうしても金額を用意できない事態が起こってしまうこともあります。

 

そうした場合、無理に別の消費者金融からお金を借りたりせず、正直にキャッシングをした会社に連絡を入れ相談することが大事です。

 

消費者金融会社のプロミスも、返済が遅れない方が良いことはもちろんですが、少しの遅れに対してはちゃんとこちらから事前に連絡を入れておけば問題はありません。しつこい取り立てがあるとか、自宅や会社に連絡があり他人に知られてしまうのではないかと恐れてしまう方も多いかと思いますが、今現在の消費者金融の規約ではそのようなことは滅多にありません。

 

プロミスでは、電話連絡の際も会社名を出す前に個人名での本人確認をします。その上で、丁寧な聞き取りで返済可能な状態にいるのかを考え今後の支払い方法などを教えてもらえます。コンビニエンスストアでも返済できたり、手数料が少ない方法を考えてくれたりもするそうです。

 

信用関係が成り立ったうえでお金を貸し借りできるのですから、例え気付いたときには返済期日を過ぎてしまっていたとしても、勝手に判断せず報告・相談することが大切です。

 

賢く使えば怖くない消費者金融

銀行系カードローン、消費者金融系カードローンと、単にお金を借りると申しましても、大きく分けて二つに分類されます。その中でも、消費者金融系カードローンのメリットとデメリットとは一体何なのでしょうか。

 

大きなメリットは、審査がとても柔軟ですので、銀行系カードローンよりお金を借りやすいという点になります。ですので、即日でお金を借りたいといった人には、大変向いているといえるでしょう。また、個人向けの融資をメインにしている会社が多いため、それぞれの会社に、会員サービスがあり、そのサービスが充実している所が多いのも、嬉しいです。

 

そして、一番のメリットは、今までは借りることに抵抗のあった人でも、貸金業法という法律が出来たために、上限金利が明朗化されました。ですので、安心してお金を借りることが出来るようになったという点です。

 

返済が難しくなった時なども、銀行系カードローンに比べますと、まだ柔軟に対応して下さいます。

 

しかし、収入のない専業主婦は、総量規制の関係上、契約をする事が出来ません。そういった点では、収入のない人に対しては、お金を借りることが出来ませんので、デメリットといえるでしょう。お金を借りる時は、しっかりと収入があって、返済が出来るという時に借りるように心がけましょう。

 

カードローンは銀行がお得です

消費者金融と銀行では、どっちのカードローンがお得なのかと疑問に思っている方は多いですが、返済を少なくしたいのであれば、それは断然、銀行になります。銀行は信頼性が高く、低金利なので、多くの利用者に好評を得ていますが、ただ一つ問題があるとすれば、審査が厳しいということです。

 

それゆえ審査に時間がかかってしまいますが、それでも平日であれば、1日程度で結果がわかるようになっています。ですが厳しいと言っても、20歳~65歳前後で、安定した収入が毎月ある方なら、基本的には誰でも合格することが出来ます。

 

正社員でなくても良いため、パートやアルバイト、自営業の方でも、返済能力があると見なされれば、審査で落とされる心配はありません。ですが他社への借り入れが多すぎたり、何らかの返済が滞っていたりすると、銀行によっては落とすところもあるようです。

 

不合格通知というのは、いくつになっても見たくないものですが、そんなときでも別の会社に申し込めば受かる可能性があるので、諦めないようにしましょう。

 

銀行がダメなら、審査が優しい消費者金融に申し込むという方法もあるので、一社に落とされたぐらいで、あまりくよくよと悩まないようにしたいですね。

 

銀行の中でも審査の早いところを選ぶ

銀行のカードローンはどこも審査が遅いわけではなく、中には最短即日融資も可能となる信頼のバンクイックもあります。早くに借りたい方に人気ですので、チェックをしてみましょう。
銀行カードローンの保証会社